専業主婦でも頼りにできるプロミス

専業主婦も利用できるキャッシング(女性/30代)

私が頼ったのはキャッシングというサービスでした。銀行の審査には専業主婦ということもあって通りそうになかったので、消費者金融の会社の有名なところを頼りました。ネットのニュースで、主婦でも利用できる場合があることを知っていたので、その時に見かけた会社を選んだのも理由の一つです。

 

最初は不安でしたが、夫の収入を申告して簡単に借り入れできました。審査もかなり簡単で、難しい手続きや書類の作成などもなく、何か特別なサービスということもなく他のサービスと同じような借入として利用できるようでした。利用限度額は30万円で、もし、30万円まで借り入れれば毎月5000円を返済していくことになるサービスです。

 

私が借りたのは10万円で返済額は毎月3000円でした。借り入れた金額に応じて多少返済額も変化する仕組みでした。30万円借りても、残高が10万円になると毎月の返済額が3000円までさがるようで、少しずつ負担が減らせるサービスです。収入はありませんでしたが、お金のやりくりは得意だったので、少しでも早く返済できるように工夫して繰り上げ返済をすることもできました。

 

ずっと借金をしている状態にいるのも不安だったので、早めに返済できるように心がけました。専業主婦でも使えるということで、何か個人情報などを盗まれるのかもしれないと思いましたが、そんなこともなく、安全に利用できました。大手のサービスだったことも影響しているかもしれませんが、宣伝や営業の電話なども全くなく、安心して使えました。保証人や担保がなかったのも申し込みやすいポイントの一つでしょう。

 

消費者金融のサービスは審査もしやすい

難しい手続きが必要ない

主婦向けサービスも一般的なキャッシングと同じ仕組みなので、手続きに難しいことはあまりありません。収入証明書の準備や免許証のコピーの用意、印鑑などが一般的に必要なだけで、そこまで容易に時間はかからないものばかりです。

 

住民票が必要な場合も収入証明書と一緒に市役所で発行してもらえるので、同時に用意すれば手間もほとんどないです。配偶者の了承を得て、手続きに入るときも女性一人でも安全に申し込みできるので、しっかりと準備をしておいてください。

 

インターネットからの申し込みや、書類の取り込み、データ化で困ってしまう場合は、パートナーにしっかりと頼って、スムーズに手続きできるようにしてください。申し込みが早ければ審査結果が出るのもその分早くできるので、不安からも早く抜け出せるでしょう。

 

機関保証には注意

女性向けローンや主婦向けのローンは、保証人や担保がいらない場合も多いです。配偶者がそのまま保証人に当てはまるような場合もありますが、保証会社の審査も同時に行われる場合があるので、過去の借り入れなどで保証会社やその関係する会社とかかわりがあった場合は少し注意しておくとよいです。

 

過去の支払いのことや個人情報が残っていれば、もし、不利な記録があれば審査に通過できない場合もあります。そうなるとせっかく了承してくれた配偶者にも顔向けできませんし、配偶者自身もかなり不安になってしまいます。もし、自分自身の信用情報に不安が残るようならば、最初から利用しないか、少しでも可能性のあるサービスに変更しましょう。

 

もちろん、特に問題がなくても会社側の問題で借り入れできない場合もあるので、事前に会社の経営状況も調べられれば万全です。

 

家族の信用情報に注意しよう

主婦向けローンを配偶者の収入で借り入れる場合には、信用情報にも注意が必要です。信用情報にもし問題があれば、審査には通過できず、審査に落ちた場合にはそのことも信用機関に登録されてしまいます。こうしたマイナスの情報もどこかで問題になる可能性があるので、すでに利用している借り入れがある場合や、双方の信用情報に不安がある場合には、安易に審査に出さず、少しでも情報を集めてから申し込みましょう。

 

過去の契約書や取引履歴などを確認できればたいていは信用情報を把握できます。公共料金の支払いの遅れなども影響してくるため、生活のことはしっかり行ってください。